ブイ・アール・チェイス・インザスカイ

突発的に小説を書くな
──────────
f:id:bonta634:20180606035626j:plain

 この物語は全くのフィクションです。しかし、十年後においては定かではない…?


1.

 A.D.2030 VRChat  private world

 パーティクルの光の粒が舞い踊って少女の視界を覆った。彼女は鬱陶しそうにそれらを追い払うと、ため息をひとつついてまた暗い道を歩む。
 しばらく進み、また光塵を追い払い、また進むと、柱のような地下茎に挟まれて、なかば空間と同化するようにして立つ家が見える。目当ての人物はそこにいるはずだった。
「ファンタジックなのは良いことなんだけど、いいかげん人を呼ぶときくらいあのパーティクルもどきを切ってくれない?」
 戸口から声をかけられた家の主は憮然とした様子で振り向いた。
「パーティクルもどきとはなんですか、ありゃしっかりひとつひとつ機械学習させて生物のような振る舞いをですね」
「メール」
 日本の学校の制服に似たような、似ていないような、有り体に言ってアニメの登場人物のような服を着た少女は強引に言葉を遮る。そして簡素なエプロンをつけた女性に、青く光るウィンドウを突きつけた。
「読んだんだけど、何?」
「そこにある通り」
「もうパイロットはしないって言ったじゃないか」
「でも、あなたにのってほしい。あれは熟練じゃないと乗りこなせない」
「なんでそんなもんをつくったの」
「レースで、こんどこそ勝つため」
 レース。カートやレーシングカーや馬の競技ではない。「空飛ぶ箒」に乗って行われる、最速を目指す競技だ。十数年間で50回以上開催されており、数多の名パイロットと名メカニックを産み出してきた。
「そんなに強い箒を造ったのなら、当然乗るのが私じゃなくても速いでしょう?」
「熟練の技術が必要なんです」
「欠陥もいいところだ」
「なんとでもいいなさい」

 窓から迷い混んできた光の粒が、ちりちりと二人の間を飛ぶ。行き場のない沈黙を破るように、エプロンのメカニックは出し抜けにずいと近寄った。互いの目が瞳の中に写り混むくらい近い。
「ところで、あなたまた可愛くなったんじゃないですか?」
「え?」
「細かい動きが繊細になってる」
「近い、近い」
「ほら、そうやって払い除ける動作も…これだけ可愛いのなら、絶対似合うはずなんだけど?」
 メカニックは一着の服を取り出して目の前に持ち上げた。ピンクのパーカーに暗い色のスカート。美しくゆれても破綻のない、プロの縫製の代物だ。
「う」
「どう? 欲しくない?」
「いくら…」
「ん?」
Amazonギフト、いくらぶん…」
 メカニックは目を細めて微笑む。
「ありゃあ、Amazonギフト券なんて要らないですよ。あの箒に乗ってくれさえすればね」

 灯りのともった工房のひときわ明るい一角、作業台に置かれたそれを、二人で見遣る。昨晩、新しく産み出されたばかりの空飛ぶ箒を。
 鈍く光ってテクスチャの目地を浮かび上がらせる、そのポリゴンを、少女はそのときはじめて手に取ったのだった。